異常が起こっていないか調べよう

矯正の必要がないか調べよう

視力の確認をしよう

最近視界がぼやけて見えるという人は、視力が低下している可能性があります。
そのままでは、文字を読むこともできなくなります。
また車を運転する人は、視界がぼやけていると非常に危険です。
安全に運転するため、メガネやコンタクトレンズなどの矯正道具を使ってください。
眼科ドックでは、視力検査を実施します。

ですから、自分に合っている度数もわかるでしょう。
いきなり度数の高い矯正道具を使うと、視界が歪んで見えます。
また長時間使用していると、気持ち悪くなってしまうかもしれません。
きついと感じたら、すぐ医師に相談してください。
すると度数を下げてくれます。
少しずつ度数を上げていくと、自分にピッタリの度数になるでしょう。

遠視や禁止について知る

矯正道具の度数を決める時は、屈折に問題が起こっていないか検査しなければいけません。
その検査も、眼科ドックで受けることができます。
正しく屈折していないと、遠くのものが見えにくかったり、逆に近くのものが見えなくなったりします。
それを近視や、遠視と呼んでいます。
人によっては近視や遠視が入っているかもしれないので、調べてもらってください。

他にも、眼圧を機械で測定します。
矯正道具を作る時に欠かせないので、眼科ドックに行きましょう。
文字を読むことができないと、仕事を終えるのに時間がかかってしまいます。
学生も、ノートや黒板の文字が見えないので勉強に支障が出ます。
視力の低下を感じたら、早く眼科ドックを受けてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る