眼科ドッグの検査内容とその必要性

異常が起こっていないか調べよう

定期的にチェックすること

なぜ眼科ドックを受けるのでしょうか。
それは、早く異常に気がつくためです。
異常が起こっていても、治療を早くから開始すればもすぐ治るので問題ありません。
発見が遅れると、病気が進行するので治療が効きにくくなってしまいます。
また、病気になりそうな状態だったら医師が指摘してくれます。
生活習慣などを変えることで、病気の予防ができるかもしれません。
目が病気になったら大変なので、定期的に眼科ドックを受けてください。

眼科ドックの内容は、まず視力検査をします。
視力が低下したいた場合は、度数が合っているメガネやコンタクトレンズが必要です。
周囲の様子が見えないと、様々な面でデメリットが発生します。
仕事や勉強に悪影響を与えるので、視力が低下していたら矯正しましょう。
眼圧や、目の屈折なども眼圧ドックで測定できます。
この検査によって、乱視や遠視などが起こっていないか判断できます。
これらも、矯正道具を作る時に欠かせない情報です。

ドライアイになっていないか検査してもらえますし、黄斑疾患や緑内障といった病気になっていないかわかります。
目の病気になっても放置していると、失明するケースが多いです。
そんなことになったら、これまで通りの生活を送ることはできません。
眼科度ドックを受けて、正常なのか知ってください。
目に関する悩みがあったら、眼科ドックの際に相談しましょう。
困ったことや心配なことを伝えると、医師はアドバイスをしてくれます。

TOPへ戻る